ファフナーウィーク後半戦ことGW最終日の5月8日!
(前半戦の広島旅行編はコチラ!) 

蒼穹のファフナーEXODUS スペシャルイベント-同化-に行ってきました!

そのレポート記事です。
なんだか今年のイベント開催にあたって、情報収集の一環として去年の-痛み-イベントの記事にたどりつく方々がそこそこいらっしゃったようなので、なんというか……今後のイベントの事も考えてなるべくちゃんと書かねばな! と決意したのであります。今後の! イベント! 終わらないコンテンツ!


今回、前回と大きく違うのは、なんといってもグッズでしょう。オリジナルグッズや新作グッズが去年と比べ大量に販売されました。
お昼12時から販売開始でしたが、9時にはもう列が出来ていたという。(しゃな氏談)

私は11時ちょっとすぎに行きましたが……正直物販舐めすぎた!
この手のイベントはファフナーくらいしか行ったことがないのでめちゃめちゃ油断してました。
会場の、ホール外一階で物販が行われるのですが、その物販はキングレコードエリア、ムービックエリア、XEBECエリアと三つのエリアに分かれており、それぞれ別々の列が形成されています。
が、その並ぶ列を選ぶのにも、また列が出来ており、もはやそれがメインの列となっております。その列は、会場外(室外)に長く形成されていました。
私の場合、11時過ぎに並び始め、12時50分に室内へ入りXEBEC列に並び、13時10分に一番欲しかったクリアファイルが売切れ、13時40分にようやくXEBECエリアのグッズを買い終わりました。あとのエリアは先に並んでいたしゃなさんに任せたので、なんとかなりました。ありがとうございます!

物販と同じエリアに、キャストの皆さんのサインと、コミカライズ松下さんの複製原画が飾られていました。
この辺は電撃ホビーウェブの公式レポートに写真があります! 


そろそろイベント本編のレポート。


いつもの評判の悪いイメージイラストです。会場はこんな感じでした。
douka
ニュアンスだけ伝わってくれ!
6本の柱は、ゴルディアス結晶のようで綺麗でした。

ここにキャストの皆さんが登場するわけです。
というわけで以下より箇条書きで内容を書いていきます。


・開演前、ステージのモニターに映されている「ー同化ー」の文字。「ー」がダッシュじゃなくて長音なのはなぜなのか。
・17時になっても始まらないどころか、そのまま20分近く待機。よくあること

・突然始まるミュージカル!!!!
・フェストゥムダンサーズさんと、舞台版メンバーによる音楽劇。急に踊る・急に歌う系に弱いのでもう本当ありがとう……。(歌いはしないけど)
・DEAD OR ALIVEインスト版……かと思えば、「DEAD OR ALIVE AND GO」の所から歌詞つきになるのが最高にカッコよかった。序盤からこんな盛り上がりすぎて大丈夫か!
・感想用に持ち込んだメモに「アア~!」って書いてあって素晴らしかったことは強く伝わったけどもはや様子が分からないよね。

・キャスト登場。
石井真さん、喜安浩平さん、松本まりかさん(様)、
佐々木望さん、白石稔さん、
島﨑信長くん、小野賢章くん、石川由依さん、
岡本信彦さん、
angelaさん、吉田尚記さん(MC)
・かっこいいポーズや謎ポーズで現れる面々。 
・司会のアザゼル型アナ、吉田さん。
・テンプレと化したキャスト勢の正装。

石井さん「(会場を見渡しながら)それにしてもすごい人ですね……このみなさん!
 喜安さん「このみなさんって何だよ」

・登壇挨拶で役名を言わない石井真。

・まりか様の「賢章くんが“僕は人気あるから任せて”って言ってた」発言にざわつくキャスト達。
信長くん「一応フォローすると彗が人気あるから! って言ってた!」
・白石さんの「二度目の結婚を迎えました!」を真に受けるまりか様。
・ぶっとんだ自己紹介たちの中でまともな石川さん。「ちゃんとしてる!」by喜安さん
・寿司の描かれた服を着ている白石さん。
・だいたいが正装なおかげで「口数の多い親族の集まりみたい」になる。

【生クロッシングのコーナー】

みんなで本編の各シーンを見ながらコメントを言っていくというコーナー。配信されていたものの生版。
今回は彗・零央・美三香のシーン。

・会場のでかい画面で見るアマテラスの最高感。
吉田アナ「美三香は運動が出来たり活発ですけど、石川さんは美三香に似ているところはありますか?」
 石川さん「ないですねー。茶道部だったので……」
 喜安さん「茶道部ってすごいな!」
 石井さん「人によって味とかかわるの!?」 
 白石さん「茶道部の話に食いつきすぎだろ!」 

・彗が複数モニターでゲームをしてるシーンについて
 喜安さん「彗がくまのぬいぐるみ持ってるの何?」
 賢章くん「ポイントですよ。……わかってないですねー! これはですね……ぬいぐるみの素材を……調べてるんですよ。これはエナメルだなとか」
 石井さん「エナメルて!」

吉田アナ「ファフナーってけっこう重い話じゃないですか。放送を生でみたら寝られなくなりそうですよね」 
 石井さん「もう、はぁ~~~……ってなりますよ」
 喜安さん「そんなに」
 吉田アナ「そういう時ってどうなされてるんですか」
 石井さん「それはもう、寝ますよ」
 喜安さん「寝られるのかよ!!!!!!」


・最終回最後のシーンについて
 喜安さん「(あの小さい総士は)僕だとおもって見てないです」
 なるほど…。
・信彦くんと賢章くん、初めて会った時喜安さんを怖がっていた。でもいい緊張だったので、「こういうイベントがアフレコの後でよかった」とのこと。

・キャラの死について
 佐々木さん「知らないうちに死ぬよりいいよ……」(広登が死んだことにアフレコ時気づいてなかった)
 白石さん「メットを渡すと旅立っていくよね」


【冲方丁に聞け!のコーナー】
おまちかね。冲方さんと中継が繋がり、作品の謎について答えたり答えなかったりしてくれる。
キャストが質問するのですがだれがなんの質問したのかメモり忘れました……!

ステージ上画面に映り出される冲方さん。カレーを食べている。 
ここまでテンプレ(去年はシチューでした)
喜安さん「冲方さん辛いの苦手なはずなんだけど……」
 冲方さん「けっこう辛い」

・質問:この作品で伝えたかったことは?
 冲方さん「悲劇は希望を伝えるためにある。また、最初からテーマは変わっていない。人の価値は、人が死せど不滅のもの

・質問:彗がテディベアを持っていたのはなぜ?
 賢章くん「だからあれは縫い目とか材質とかを…」
 冲方さん「正しい!」
 賢章くん「!?」
 冲方さん「彗は頭がよくなんでも出来てしまい退屈なので、編み物が好きっていう設定があったんです!」

 まさかの正解

・質問:全26話の中で一番苦労したのは何話ですか?(確か石井さんの質問)
 冲方さん「それはやっぱり1、2話ですね……。月日をどう重ねるか」
・上に関連して、
 冲方さん「コミュニティの中心となるところが喫茶「楽園」です。総士がシチューを作っていたのは、中西さんの案です」 

吉田さん「なんか、キャストの皆さんの分のカレーがあるみたいなんですけどどうします?
 喜安さん「これ食べようって言ったら食べられるの!? なんなの!?!?

・ステージ上にカレーが運ばれてくる。ちなみに冲方さんの質問コーナーはまだ終わってないです。

・質問:ヘスターの設定は元々あったんですか?(喜安さんの質問)
  冲方さん「はい、考えてはいました。しかし出てくるのは真矢の成長次第だなと」

・質問:方向性が変わったキャラはいますか?
 冲方さん「基本アフレコ後に書き直すので、変わったキャラはいます。オルガが結構生き残りました。また、後輩が……散らなかったですね!
KATSUさん「(質問は)冲方さんとの対談でだいたい聞いちゃったんですよね。 この対談、ブルーレイDVD第10巻についてきます!(販促は基本!)

・質問:総士くんがメガネをかけているのはなぜですか?(KATSUさんの質問)

 冲方さん「あれは日常スイッチなんですね。かけると、研究に没頭する日常の自分になれるみたいな。あと、あのメガネには研究用の情報がでたりすると思うんです」
 喜安さん「あれをかけてクックパッドとか見てシチューを作るわけだ!」

・質問:広登にSDPがあったとしたらどんな能力ですか?(確か佐々木さんの質問)

 冲方さん「対話を望んでいる広登は、敵の力を減少させる力があります。ただ、敵の痛みを受けてしまうというリスクもあります」
 佐々木さん「そのシーン、見たかったですよ……」
 冲方さん「そうですね……」

 そうですね……。

・質問:みかみかは御門という苗字になってもみかみかってことですか?(信長くんの質問)
 冲方さん「正しい! 良く気付きましたね! しかしもしどちらか一方が……」
 信長くん「御門美三香の希望を失わずにいたいです……!」

・質問:里奈さんのおしりは見られたんですか!?(賢章くんの質問)
 冲方さん「これについてはノーコメントです! 最終回以降は想像におまかせします!!
  KATSUさん「カレー食ってる時におしりの話するなよ!」


【幕間トーク】
atsukoさん「『愛すること』のフルが収録されたangelaのアルバムが今年夏に発売します!

【生アフレコのコーナー】
その名の通り生アフレコのコーナー!
石井さん「これは…噛めないってことだね!?
  吉田さん「自分で自分の首しめてますよね……緊張してます?」

・その①:真矢とミツヒロが喫茶「楽園」で会話するシーンのアフレコ。
 超絶完璧だった……!

・その②:後輩組がファフナーに乗る前のシーン。
(彗がカノンをさえぎって解説しはじめるところ)
 これも超絶完璧だった!
 信長くん「兵士じゃなくて年相応って感じがあっていいシーンですね」(いいなぁ)

・その③:ファフナーで戦う彗に剣司が指示を出すシーン

 これも完璧だったんだけど最後に織姫ちゃんが島の痛みを感じて「くっ」てなる部分も2人でやってて織姫ちゃん何人いるんだ。

・その④:一騎・総士・真矢が夜に語りあうシーン

 喜安さん「誰か噛めって神通力送ってたのに誰も噛まないんだもんな…」
 石井さん「力ないんだなぁ~神通力」
 喜安さん「なんなんだよ!」
 
・噛みはしなかったけれどシーンがシーンなせいでセリフが追いつけない方々。
 アフレコ総士「わかるか?」
 アフレコ一騎・真矢「ぜんぜん!!!!!!!」

白石さん「いやぁ、台本通りでしたね!」
 喜安さん「神通力が自分に帰ってきた」

・その⑤:広登の最期のシーン
 佐々木さん「ここ選びますか!?」
 さすが最年長という感じに。

・その⑥:26話!!! の!!!  総士と剣司のポイント更新! のシーン! (嬉しい)
 ナイス!!! ナイスッ!!!!! ありがとうイベント企画担当者さん。
白石さん「このころは喫茶「楽園」のシーンなどで、一騎と総士のように、剣司と総士で目を合わす必要もなく会話出来てきたので嬉しかった
・剣司と総士……! みんな代表の剣司とひとりの兵士である皆城総士……! いや待てこの話は散々したから止そう。 

・その⑦:一騎とミツヒロ 最後のシーン
  これも完璧なアフレコなんですけど最後に石井さんが映像終わりきる前に「……というシーンでした」という謎のコメントを残しツッコミを複数入れられる事に。

【キャラソンのコーナー!】
メモに「ああああああ!!!!」と書かれている。どれだけ歓喜したことか……。 
・先に書いておくと「太陽と月」や「存在と無」はないです! このキャラソンという言葉で会場の誰もが想像したことだろう…。キャラソンコーナー終わるまで周りから「太陽と月は……?」「デュエットは……?」みたいな声が聞こえたりもした。
 だが逆にデュエットをやったらどうなる!!! 全ての印象がそこに集結してしまう!!! なくてよかった!!! いつか本当の集大成の時にでもやるといいよね……。

・最初は! 広登のキャラソン! クロッシング特番の「練習したんだからキャラソン歌いたいなぁ」からのキャラソン円盤収録、からの、ライブですよ!! なぜかこのファフナーという番組はキャストの夢が叶ったり、中途半端に叶ったりするんですよね。
この時代に佐々木望がアイドルソングを歌うんですよ。
・いやーーーもう、すごかったとしか言いようがない。素晴らしかったです。
・この明るさに本編を忘れかけるよね……。

・次!!!!石井真ライブ!!! 違うな、一騎キャラソンライブ!!!
・さっきの正装とは違ってなんだかすげぇラフな格好で出てきた石井真。わざわざ着替えたのか。しっかしラフすぎないか。(面白いので大丈夫です)
石井真の生歌という私の夢も叶った。
・キレッキレなバックダンサーと、キレが良いわけではないが悪いわけでもない、不思議な手振りをする石井真。
・いやぁ……良いものを見た……すばらしかった……。
・ラップもありました。尾道イベで生まれた「ふぁふなーにゃ」もあるよ。

【石井真の尾道紀行(映像)】
ステージ上でライブ準備が行われる間に流れた、ロケ地巡礼イベントのレポート映像。
・数日前に聖地巡礼に行ってきたおかげで「知ってる…知ってるぞ……!」となる私。

だいたいこんな感じの映像↓
 燈籠塔でOPを再現する石井さんとそのバックで歌ってるangelaの生歌イグジスト。BGM豪華すぎか。
 石井さん「これ保命酒アイスなんですけど…僕、保命酒知らないんですよね……なんか、甘いですね」(鞆の浦にて)
 上の次の映像 石井さん「さっきのアイス、この下の部分が保命酒らしくてですね! さっきのはバニラアイスでした!
 石井さん「これが僕んちです!」
(尾道 真壁家モデルの場所にて)
・もはや石井さんがなにかしてるだけで面白いのだけどなぜなのだろう。

【angelaライブのコーナー!】 
まずセトリ
 イグジスト(金テープつき。一曲目から!?
 ホライズン(総士の生セリフつき)
 愛すること(カノンの映像・一騎の生セリフつき)
 その時、蒼穹へ
 DEAD OR ALIVE

この最強の布陣。 まさにEXODUSの集大成。
・ステージのゴルディアス結晶感ある柱がすげー光るのなんの。去年のを受けて光のパターンを記憶しようかなと思いはしたんですけど、めちゃめちゃ凝ってて無理でした。
・angelaのライブは本当に、とんでもない力を感じるんですよ。こんなエネルギーを体感することが通常の生活であるだろうか、いや、ないだろう!
・さっきのキャラソンライブもそうなんですけど、ライブ空間を見ると言うより一体化するという感じなので、なにがどうだったか云々をここに細かく書こうとすると語彙力が無に帰るというか、まさに同化。
つまり、サイコーでした!(語彙力を失った結果)
・先述の通りこの手のイベントはファフナーしか来たことがないのですが、キャストたちの姿が見られる、脚本家の深い話が聞ける、ライブやミュージカルがある、あとカレーがある、と、とんでもなく濃密なイベントなんです、ので、ライブなんかは特に、実際に見て聞いてそこにいることをお勧めします! 書けない言い訳じゃないぞ!

【告知コーナー】
これを聞きに来た。
・三大生誕祭開催決定!!!!!
まりか様「みなさん疑問でしたよね、なんで真矢がないのかって。私も思いました。でも……、夢を叶えてくれたんですね」 
 石井さん「でもなぜか祝われる側が痛みを背負うんだよ」 
 まりか様「それは一騎くんに任せます!」
 石井さん「その図が浮かぶよ……

皆城総士生誕祭では超重大発表が!!!
超重大発表!!!! とは
・焦らしますねぇ……。 
・この「超重大発表」の告知に使われた画像は特注で、なにかヒントになっている模様。これも電撃ホビーウェブに画像がありました。

【おわりのあいさつ】
angela「死ぬまで歌い続けます!」
・これはもう、全て任せた! って感じですな。なぜって去年の痛みイベントでのあいさつが「angelaはファフナーにすべてを捧げます!」だったのですよ。
KATSUさん「みんな松のほうのイベントに行くと思ってた……(某松のイベントと同じ日でした。ちなみに某松のイベントでは「国際展示場と間違えてない?」という同日の即売会と間違えてるネタをやったと松のほうに行った私の母上が言ってた。

岡本さん「ふぁふなーにゃ!」
 石井さん「ありがとう!」 

賢章くん「ふぁふなーにゃ!」
 石井さん「なんなんだよ!」
 なんだこの差!? 
信長くん「(客席へ向かって)リピートアフタミー!!! ふぁふなーにゃ!!!」
・先輩のネタを使いこなす後輩たち。

佐々木さん「おもしろいイベントでした。カレーも食べたし…変わってるなと思いました。あとキングさんが願いを叶えてくれるって本当だったんですね……」 
まりか様「なんと言ったらいいのやら……」
 石井さん「わかるよその感じ」
 まりか様「まだまだ続く事を願います」

喜安さん「楽しみました。胸躍る時間でした」
石井さん「他の人の願いは叶うのに僕だけなんか……」
吉田さん「このMC用の進行表には、“ファフナーはまだまだ終わらない!”と書いてあります!!! でもそれだけしか書いてないです!!!


そんなこんなで4時間ほどの大イベントでした!!
いつもよりもめちゃめちゃイベントらしいイベントだったなというのが個人的な感想です。 いつものふわっとした感控え目で万人におすすめできる(?)イベントだったと思います。いや、いつものはおすすめできないって言うか…なんか……私はいいけど他の人はいいのかなって感じが……。(貶してないけど褒めてもない)
続編作る気しか感じられないので、イベントの続編もきっとあるでしょう!(適当)
イベント参戦を躊躇している方も、是非! 次は参加してみるのを強く! おすすめします!

閲覧ありがとうございました! 


おまけ
Ch6HV5WUUAAMezc
大吉!!!!!(錯乱)